プロフィール

白江治彦

白江治彦(しらえはるひこ)

昭和13年1月16日生 
石川県小松市出身
昭和31年大窪一玄九段に入門
昭和32年入段、平成16年に引退(八段)
日本棋院東京本院所属

現役時代から数々の普及イベントを行い、NHK囲碁講座の講師を4回つとめるなど、TV・本・イベントと多岐に渡ったアマチュアの囲碁教育に携わる。
引退後も、精力的に囲碁普及活動を行っている。

略歴

昭和13年1月16日生まれ。石川県小松市。
昭和31年大窪一玄九段に入門。日本棋院院生になる。
昭和32年入段
昭和34年二段
昭和35年三段
昭和42年四段
昭和45年五段
昭和51年六段
豪州などの海外囲碁指導
NHK「囲碁講座」講師(1回目)
「入門から入段まで」(アシスタント:堤加容子)
昭和52年TBS「囲碁アワー」キャスター(〜62年)
昭和59年七段
昭和62年テレビ囲碁番組制作者会賞受賞
平成 2年銀座の歩行者天国で101面打ち
平成 3年パリのシャイヨ宮庭園で102面打ち
NHK「囲碁講座」講師(2回目)
「楽しく覚える一週ワンステップ」(アシスタント:林恵美子)
日本囲碁ジャーナリストクラブ賞受賞
平成 4年上野公園で110面打ち
平成 5年NHK衛星放送「囲碁将棋ウィークリー」キャスター(〜8年)
平成 8年普及功労賞受賞
平成 9年日本棋院会館で230面打ち(世界記録更新中)
(100面打ち以上14回目)
平成10年NHK「囲碁講座」講師(3回目)
「白江治彦の手筋・ヘボ筋」(アシスタント:林芳美)
平成15年NHK「囲碁講座」講師(4回目)
「白江治彦の置碁戦略」(アシスタント:稲葉禄子)
平成16年引退八段

このページの先頭へ戻る